学校薬剤師求人ランキング

学校の薬剤師として働きたいなら

薬剤師は調剤薬局やドラッグストアだけでなく学校でも働くことができます。学校薬剤師は公務員となりますので安定して長く勤務できるため非常に人気のある職場です。まずは転職サイトに登録して対策を練りましょう。

リクナビ薬剤師なら一般には公開されていない非公開求人も豊富で、専任のキャリアコンサルタントがあなたにぴったりの転職先を探してくれます。これから転職をお考えならぴったりのサイトですね!

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
大手企業との強いパイプを持ち、高待遇の仕事を多く紹介してくれる転職サイトとして大人気のリクナビ薬剤師では、学校薬剤師の求人についても情報収集をすることができます。認知度で言えば業界ナンバーワン、充実した検索機能によって大満足できる仕事を迅速に見つけることができるリクナビ薬剤師を利用すれば、働きながら仕事探しをしている薬剤師でも、自分にピッタリの仕事を見つけて転職に成功できます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
高年収の求人を数多く紹介してくれるファルマスタッフは、在宅薬剤師や学校薬剤師のように求人数が少ないレアな求人も豊富に取り扱っているのが特徴です。企業や官公庁からの信頼が厚いこともまた、薬剤師にとってファルマスタッフを利用することで大きな安心感を得ることにつながりますね。学校薬剤師の仕事を探している人でも、ファルマスタッフの担当者とヒアリングを行いながら、条件や希望に合わせて働きやすい職場を紹介してもらう事が可能です。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師の転職サービス業界の中で利用者満足度が4年連続でナンバーワンという実績を持つマイナビ薬剤師では、学校薬剤師のように求人を見つけることが難しいお仕事についても情報収集をすることができます。全国各地で多種多様なお仕事を紹介しているだけでなく、条件や希望に合った仕事をピンポイントで絞り込む力はマイナビ薬剤師ならではのサービスと言えます。学校薬剤師のお仕事でも、高収入の仕事でも激務でない仕事を見つけるサポートをしてくれます。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
日本国内最大級の薬剤師求人サイトとして大人気の薬キャリでは、学校薬剤師のように人気が高いお仕事も全国規模で取り扱っています。求人募集が出るタイミングが難しく、探していてもなかなか見つけることができない学校薬剤師の仕事を探している人なら、薬キャリを利用すればタイミングに合わせて通知してくれる機能を活用できたり、複数のお仕事を比較しながら満足できそうな仕事を選べるなど、たくさんのメリットが期待できます。

ヤクジョ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職を決めるまでの平均紹介求人数はわずか4件と少ない点が特徴的なヤクジョでは、学校薬剤師の仕事も好条件のものを紹介してもらう事ができます。薬剤師の転職に精通しているコンシェルジュが、しっかりとヒアリングを行った上で希望や条件に合ったお仕事をサポートしてくれるので、1人で転職活動をするよりもずっと迅速に魅力的な仕事を見つけることができます。学校薬剤師についてもたくさんの情報収集ができるサイトとして大人気です。

学校薬剤師になるには?

学校薬剤師のお仕事は、薬剤師の資格を持っていれば基本的に誰でもなることができますが、雇用形態は少し複雑で分かりにくいため、興味があってもどこにどんな風に応募すればよいか分からないという人は多いものです。大学を除くすべての教育機関では、学校薬剤師を置かなければいけないというルールになっているので、全国どこに住んでいる人でも学校薬剤師になるチャンスはあります。しかし、学校薬剤師は非常勤なので、一つ一つの学校から雇用されるわけではなく、市町村などの自治体が管理している薬剤師会の正会員になることが必要です。そうすると、市町村の教育委員会を通して公立の教育機関が薬剤師会へ学校薬剤師の募集や選任などを委任するため、学校薬剤師になれる可能性は高くなります。

自治体の薬剤師会へ正会員として登録することができても、簡単には学校薬剤師になれません。このお仕事はとても人気が高く、正会員として登録している人の中には、学校薬剤師になりたいために正会員になったという人もたくさんいるほどです。そのため、希望しても何人もすでに希望者がいて順番待ちになってしまうことは多いですね。学校薬剤師として働くためには、根気よく数年計画で臨むことが大切と言えるでしょう。

学校薬剤師のお仕事は、1人が一つのポジションにつくという点では一般的なお仕事と変わりません。しかし、一般的な仕事では、その人が転職したり退職するなど離職しなければ空きが出ないのに対し、学校薬剤師のお仕事は1年間の契約というシステムになっているので、続けたいと思っても1年間しか行うことはできません。多くの人が順番待ちしている人気のお仕事ですが、1年ごとにどんどん新しい人が学校薬剤師に選任されるので、自分の前に5人待っている人がいたとしても5年間待てば次は自分の順番が来るということになります。その点では、根気よく待てば学校薬剤師になれるチャンスはかなり高くなるお仕事と言えるのではないでしょうか。

現在、病院や調剤薬局で働いている薬剤師の人が学校薬剤師になるためには、たくさんのプロセスを一つずつこなしていかなければいけません。今すぐに転職してフルタイムで学校薬剤師として働きたいと思っていてもそういうわけにはいかないので、一つずつのプロセスをこなして、数年計画で学校薬剤師になるための準備をするのがおすすめです。人気が高い上に自治体の薬剤師会から選任されるという特徴がある仕事なので、ハローワークやWEB、自治体の公式ページなどで学校薬剤師の募集が行われることは殆どありません。求人を探してもなかなか見つけることはできないという点も、あらかじめ理解しておきたいですね。


Copyright (C) 2017 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.