愛知の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 愛知

愛知の学校薬剤師求人

愛知県にはたくさんの生徒がいて、小学校から高校まで学校に在籍している生徒の数は83万人程度です。この数は全国的にみると東京都、大阪府、神奈川県について第4位の多さとなっています。学校数を見てみると、小学校から高校までの学校数は1640校程度で、こちらは全国的にみると東京都、北海道、大阪に次いで第4位となっています。

愛知県で働く学校薬剤師の求人募集は、ほかの都道府県と募集形態が大きく異なることはなく、市町村などの自治体に設置されている教育委員会を通して薬剤師会へ学校薬剤師の選任及び業務依頼が行われ、薬剤師会が適任者を選出するという形態が多いです。そのため、愛知県内で学校薬剤師になりたい人は、まずは薬剤師会に正会員として登録することが必要不可欠です。また、学校薬剤師の採用では、現職の人が後任者を口利きで決めることも珍しくないため、薬剤師会の正会員として登録したら、積極的に活動を行って現職の人からいろいろな情報収集をしてもらったり、口利きで推薦してもらうという方法も良いでしょう。

愛知県にはたくさんの市町村があり、すべての自治体で学校薬剤師のニーズがあります。しかし市町村ごとに抱えている学校の数は大きく異なるので、どの自治体の学校薬剤師として働くかを考える際には注意しなければいけません。名古屋市や豊田市のように多くの人が生活しているエリアでは、たくさんの学校がひしめき合っています。学校数が多い場合、自治体によっては学校薬剤師を非常勤ではなく常勤にしたり、また学校薬剤師の数を増やすなどで対応してくれる所がありますが、場合によっては1人の学校薬剤師が管轄エリア内の全ての学校を巡回しなければいけないということもあります。学校薬剤師として働いた経験がある人なら、効率的な作業で対応できるかもしれませんが、未経験の人にとっては作業の手際が悪くて勤務時間内に仕事が終わらなかったり、残業や翌日出勤など予定外の対応になることもあるので注意したいものです。初めての人なら、できるだけ多忙ではない自治体を選ぶのが良いでしょう。

都市部のお仕事は、それほど広くない範囲にたくさんの学校があるので、移動という面では時間をかけずに移動できるメリットがあります。また、公共の交通機関が発達しているので、電車やバスでの移動にも便利ですね。一方、薬剤師が不足していることが多い過疎部においては、移動に時間がかかるというデメリットはありますが、薬剤師が不足していることで学校薬剤師に高収入を提供してくれる自治体もたくさんあるので、その点では大きなメリットと言えるでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.