北海道の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 北海道

北海道の学校薬剤師求人

北海道には幼稚園や小学校、中学校、高校とたくさんの教育機関があります。小学校から高校までをカウントしただけでも2000校近くがあり、そのすべてに学校薬剤師が配置されています。一つ一つの学校ごとに異なる学校薬剤師が配置されているというわけではなく、その取扱い方は自治体によって大きく異なります。大半の場合には、市町村などの自治体ごとに教育委員会が設置されていて、教育委員会が薬剤師会へ学校薬剤師の選出や業務依頼を行うことが多く、その場合には一人もしくは複数の学校薬剤師が選任されて、地域の学校すべてを巡回しながら環境検査や衛生管理業務に携わることになります。

また、地域によっては薬剤師会が調剤薬局に学校薬剤師業務を委託するところもあり、その場合にはその調剤薬局ではたらいている薬剤師が学校薬剤師としての任務にあたることになります。自治体ごとに雇用形態などが異なるので、北海道で学校薬剤師として働いてみたい人は、まず薬剤師会をチェックして、薬剤師会の中で正会員として登録している人が応募できるのか、それとも薬剤師会が特定の調剤薬局に業務を委託しているのかを調べるところから始めると良いでしょう。

北海道で学校薬剤師として働く場合には、勤務日には複数の学校を巡回することになり、かなり大忙しとなります。公共の交通機関を利用して回ることは可能ですが、移動時間を出来るだけ短縮するためにマイカーでの移動が必要になることが少なくありません。そのため、自動車の運転免許を持っていることは北海道で学校薬剤師として働くには必要不可欠な条件の一つと言えるでしょう。自治体ごとに、営業車を貸し出してくれる所もあれば、プライベートな車を持ち込んで移動しなければいけない所もあります。もしも事情があってプライベートな車を利用できない場合もあるでしょうから、面接の際にその点を質問してはっきりさせておくと安心ですね。

北海道には数多くの市町村があり、それぞれ抱えている薬剤師の数が異なります。自治体の中には薬剤師が不足している地域もあり、そうした地域では学校薬剤師に高収入を提示している所もあります。学校薬剤師を配置できなければ学校を開校することができないと法律によって決められているため、薬剤師が不足している地域では高待遇で何とかして学校薬剤師を確保したいということなのかもしれませんね。そのため都市部よりは過疎部の方が、学校薬剤師として高給を稼ぎやすい環境にあるでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.