神奈川の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 神奈川

神奈川の学校薬剤師求人

東京都心に通勤する人たちのベッドタウンとして機能しているエリアが多い神奈川県は、県内の東部と西部では学校数に大きな差があります。県内東部には横浜や川崎など、都心に通勤する人たちが生活するエリアが所せましと広がり、学校も狭いエリアにたくさん密集している傾向にあります。しかし、西部に行くとのどかな田園刎頸が広がるエリアが多くなり、高層マンションよりも一戸建てで暮らす人が増えますし、学校ものどかなエリアに生徒数がそれほど多くない学校が散在しています。神奈川県で学校薬剤師として働くためには、まずどんな働き方をしたいのかを考えたうえで適したエリアを絞り込む方法が良いでしょう。

県内の東部でたくさんの学校がひしめき合っているエリアでは、数少ない学校薬剤師が多くの学校を担当することになるため、多忙を極める職場環境になることが多いでしょう。学校薬剤師として働いた経験がある人にとっては、効率的に作業を行うことができるので、体力的に歩き回ることが多くてハードというだけかもしれませんが、未経験の人にとっては仕事の手際が良くなかったりして、一つ一つの作業に時間がかかりやすいものです。

学校薬剤師のお仕事は非常勤で雇用されることが多く、限られた勤務スケジュールの中で多くの学校を巡回しなければいけません。手際が悪いと勤務時間内に仕事が終わらずに残業しなければいけなくなったり、場合によっては週末や翌日に持ち越しという対応にもなりかねません。学校薬剤師のお仕事は、1回の勤務でいくらという報酬になるので、手際が悪くて勤務時間が長くなっても、報酬が増えるわけではありません。そのため、未経験の人なら最初はあまり忙しくないエリアで学校薬剤師としての経験を積み、その後で多忙となる都市部で働くことをおすすめします。

神奈川県における学校薬剤師の求人は、多くの場合には市町村などの自治体が抱えている教育委員会から薬剤師会へ業務の依頼がされます。薬剤師会では、正会員として登録している人の中から適任者を選ぶことが多いのですが、学校薬剤師はやりがいを感じることができるお仕事なので人気が高く、正会員の中でも求人募集が出ると大勢が殺到することが珍しくありません。その中から採用されるためには、やはり学校薬剤師としての経験があることが優遇されるので、まずは競争率が激しくないエリアで学校薬剤師としての経験を積むと良いでしょう。また、自治体によっては特定の調剤薬局に学校薬剤師業務を委託していることがあるので、その場合にはその調剤薬局へ転職するのもおすすめです。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.