沖縄の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 沖縄

沖縄の学校薬剤師求人

沖縄県には、小学校から高校まで20万人程度の生徒が450校程度で一日の大半を過ごしています。沖縄県は南部から中部に人口が密集しているため、学校もこのエリアにたくさんあるわけですが、すべての学校に学校薬剤師を配置しなければいけないという法律があるため、北部の過疎が進んでいるエリアでも、学校がある自治体なら学校薬剤師のニーズはあります。沖縄県内で学校薬剤師として働きたい場合には、それぞれの自治体ごとに求人募集が出されるので、自治体の教育委員会もしくは薬剤師会のホームページをチェックすると良いでしょう。

沖縄県における学校薬剤師の雇用形態は自治体ごとに異なります。大半は非常勤雇用として、月に1回〜年3,4回位の勤務を行うため、ほかに定職を持っている人がアルバイトで学校薬剤師を掛け持ちするという働き方が多いです。しかし自治体によっては学校薬剤師をフルタイムの常勤として雇用している所もありその場合には他の仕事との掛け持ちをすることはできません。常勤になると雇用主は自治体となることがほとんどで、公務員という立場で働くことになります。

公務員は都道府県や市町村に関係なく、アルバイトなどの副業をすることが禁止されているため、もしも学校薬剤師を常勤で働く場合には、それ以外のお仕事はできないことになるわけですね。バレなければ大丈夫だと思っていても、バレると懲戒解雇の対象となりますし、周囲や家族に多大な迷惑がかかってしまうので、学校薬剤師を常勤で働く場合にはそうした点についても確認しておきたいものです。

沖縄県内でも、学校数がそれほど多くない北部に行くと、学校薬剤師の仕事をしたことがない未経験者でも比較的マイペースで働くことができます。学校数が少ないために選任される学校薬剤師の数は自治体ごとに一人だけとなることが多く、地域の子供たちの環境管理はすべて自分の肩にのしかかるという重圧を感じながら働くことになりますが、大きなやりがいや充実感を得られるお仕事と言えるでしょう。一方、那覇市や沖縄市などの中部から南部の地域では、たくさんの学校があり、数少ない学校薬剤師たちが複数の学校を担当することになります。仕事を覚えるまでは手際が悪くて職務遂行に時間がかかってしまうことがあるかもしれませんので、その点はあらかじめ理解しておきたいものです。経験者なら都市部がおすすめ、未経験者なら過疎部の方が自分のペースで働きやすい環境を手に入れることができるでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.