埼玉の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 埼玉

埼玉の学校薬剤師求人

東京都心に通勤する人のベッドタウンとして機能している都市が多い埼玉県には、小学校から高校まで1470校程度があり、たくさんの生徒たちが一日の大半をそこで過ごしています。幼稚園も学校薬剤師を配置しなければいけない対象となっているため、幼稚園も加えると多くの学校が存在している都道府県と言えるでしょう。学校薬剤師は市町村の各自治体ごとに設置されている教育委員会によって、薬剤師会に学校薬剤師の選任が依頼されることが多く、埼玉県でも例外ではありません。

この都道府県の特徴としては、県の面積はそれほど広くはないため、どこに住んでいても学校薬剤師として働ける自治体を見つけて通勤しやすいという点があげられます。面積が大きな都道府県だと、ほかの自治体まで通勤することが不可能になったりすることがありますが、埼玉県の場合には公共の交通機関が充実しているので通いやすいですし、学校薬剤師のお仕事は非常勤だと多くても月に1回程度、少なければ年に3回〜4回程度と少ないため、自宅から距離がある自治体でも、勤務日だけなら通勤できると考える薬剤師が多いでしょう。

埼玉県で学校薬剤師として働く場合、自治体ごとにどのような求人募集を行っているかが異なるので、まずは教育委員会もしくは薬剤師会のホームページを調べて、どこでどんな風に求人募集が行われているのかをチェックしましょう。多くの自治体では、薬剤師会の正会員の中から学校薬剤師を選出するというスタイルが多いのですが、場合によっては学校薬剤師業務そのものを特定の調剤薬局に委託している自治体もあります。自治体ごとに学校薬剤師として働けるチャンスの見つけ方が異なるので、事前にリサーチをしておくことが学校薬剤師として働くための近道となります。

これまでに学校薬剤師として働いた経験がない人や、少しでも高待遇で働きたいという人は、埼玉県内の中でも東京から距離のある北部のエリアを狙うのがおすすめです。北部は学校の数が比較的少ないですし、南部と比べると薬剤師の数もそれほど多くありません。そのため、確実に薬剤師を確保しようと自治体が高待遇で学校薬剤師を募集している可能性が期待できますし、未経験者でも比較的採用されやすいエリアと言えます。学校数が多い都市部に行くと、1人の薬剤師に任される学校数が多くなり、かなり激務な労働環境になることは決して珍しくありません。初心者でいきなり激務な環境だとキツイですから、最初はそれほど激務ではないエリアで学校薬剤師としての仕事を覚え、そこから経験者として忙しい地域ではたらけるチャンスを見つけるという方法が良いでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.