東京の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 地域別の学校薬剤師求人 >> 東京

東京の学校薬剤師求人

東京都には小学校から高校まで100万人を超える生徒がいて、一日の大半を学校という環境で過ごしています。ほかの都道府県と比べると、東京都が抱える生徒数および学校数はナンバーワンの規模で、学校数においては小学校から高校まででも2600校程度があります。東京都でも都心と都下とでは学校数は大きく異なりますが、東京都の特徴としては、一つの学校における生徒数が多いため、一つ一つの施設の規模が大きいという点があげられます。また、それほど広くない面積にたくさんの学校が密集しているエリアが多く、エリア内にある複数の学校を巡回しながら職務を遂行する学校薬剤師にとっては、移動という点では比較的時間をかけずに移動しやすいエリアと言えるでしょう。

東京都で働く学校薬剤師のお仕事は、学校数が多いために激務となることが多いでしょう。限られた予算の中で学校薬剤師を配置しなければいけないため、薬剤師一人に任される学校数は多くなることが多く、それを限られた勤務スケジュールの中で遂行していかなければいけません。そのため、これまで学校薬剤師として働いた経験がない人や、体力的にハードなお仕事は避けたいという人にとっては、東京都内で学校薬剤師の仕事をすることは、かなりハードで激務になることが予想されています。

また、学校薬剤師としての経験がある人でも、東京都内の学校薬剤師はコスパという点ではそれほどよくはないエリアです。その理由は、都内にはたくさんの薬剤師が働いているため、学校薬剤師を確保することはそれほど難しいわけではないからです。学校薬剤師の配置は法律によって義務付けられているため、学校薬剤師を確保できなければ学校を開校することはできません。過疎化が進む地方だと、薬剤師自体が不足していて学校薬剤師を確保することがかなり大変だったりするため、高待遇で薬剤師をなんとか確保したいと求人募集が出るところがありますが、東京都の場合にはその限りではありません。そのため、収入のために学校薬剤師になりたいという人だと、激務でお給料は少ない現実に、不満を抱えてしまうかもしれません。注意しましょう。

東京で働く学校薬剤師希望者の多くは、地域の社会に貢献したいというやりがいを持って求人募集に応募しています。子供達が通う学校の環境や衛生状況をきちんと検査して、日本の未来を担う子供たちの生活環境の維持や改善に尽力したいと考える人にとっては、東京で学校薬剤師として働くことは、大きな満足感や充実感を得られるお仕事となるでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.