学校薬剤師の手当

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の手当

学校薬剤師の手当

学校薬剤師のお仕事は非常勤のお仕事なので、正社員として働くことはできません。ほかに正社員として働いている薬剤師にとっては、学校薬剤師はアルバイトという形で従事することができますし、ほかにアルバイトやパート、人材派遣という形で働いている人でも、学校薬剤師を掛け持ちにすることに関しては全く問題がありません。そのため、すでに仕事を持っている人がアルバイトという形でトライできるお仕事として、高い人気があります。

学校薬剤師のお仕事は、多くても月に1回程度、少なければ年間に3回〜4回程度しか勤務しないお仕事です。お給料は、その自治体ごとに異なりますし、年間で何回ぐらいの勤務が必要かによっても異なりますが、全国的な相場としては、年収にして大体7万円〜15万円程度と言われています。ただし、この金額はあくまでも相場なので、自治体によって大きく変わることはあらかじめ理解しておきましょう。自治田によっては、年間で3万円程度にしかならない所もあれば、年間で30万円の収入になるところまでその幅は様々です。学校薬剤師として働く際には、少しでも年収が高い自治体で働きたいものですが、年収が高くなくても学校薬剤師のお仕事は子供達の環境管理という面で大きな責任を担っていることを忘れてはいけません。

薬剤師として働く場合、正社員として働けば基本給のほかに、資格手当とか時間外手当など各種手当が上乗せされます。しかし学校薬剤師の場合には、正社員として働くわけではないので、最初に契約した収入以外の手当ては一切つきません。自治体の薬剤師会の正社員であることが学校薬剤師になるための前提条件になっていることが多く、自治体で働くということで公務員の扱いになるのではないかと考える人がいるかもしれません。しかし、公務員の扱いになるのは正社員として雇用されている人だけなので、学校薬剤師と言えど非常勤の場合には公務員という扱いにはならないので注意しましょう。そのため、福利厚生やボーナスなどについても、非常勤となる学校薬剤師はすべて対象外となります。

手当や年収のために働くという人にとっては、残念ながら学校薬剤師では満足度は低いかもしれません。このお仕事は、収入という面では決して高くはありませんが、地域のコミュニティに貢献できるお仕事で、やりがいや充実感を感じられるお仕事として人気があります。転職する際には、仕事内容や勤務スケジュール、本来の仕事とスケジュール調整できるかどうか、などを検討しながら応募するかどうかを決めましょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.