学校薬剤師の今後・将来性

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の今後・将来性

学校薬剤師の今後・将来性

日本の将来を担う子供たちが一日の大半を過ごす場所と言えば、やはり学校です。家庭にいる時間よりも学校にいる時間の方が長いという子供も少なくはなく、学校という環境が子供たちに及ぼす影響は絶大なものがあります。そんな学校において、設備や施設を薬剤のスペシャリストという立場から衛生管理を行う学校薬剤師のお仕事は、子供たちの普段の生活環境及び日本の未来を担う人材育成という面においても、大きな役割を持っています。子供達が安心して過ごせる環境づくりに大きく貢献している仕事なので、今後の将来性はかなり明るいと言えるでしょう。

学校薬剤師のお仕事は、日本国内では法律によって「大学以外の学校には学校薬剤師を配置しなければいけない」と定められています。そのため、どの学校でも学校薬剤師がいなければ開校することができず、学校薬剤師の存在は必要不可欠なものと言えます。薬剤師不足が深刻なエリアでもこの法律は適用されるので、自治体としては高額報酬を支払っても学校薬剤師を確保しなければいけません。そうした点を考えると、全国どの地域においても、学校薬剤師の今後はかなり安泰と言えるのではないでしょうか。

世界各国を見てみると、学校薬剤師というお仕事は日本国内にしかありません。海外では、学校の衛生環境管理に薬剤師がかかわることはあっても、学校に専任の薬剤師が配置されるというシステムにはなっていません。しかし日本の場合には、それぞれの自治体ごとにどの学校薬剤師が管理をしているかという点で責任の所在が明らかになっています。そして、こうしたシステムは今後も引き継がれていくことが予想されています。

学校薬剤師のお仕事は、フルタイムのお仕事ではなく、多くても月に1回程度、少なければ年に3回〜4回程度の勤務しか必要としない非常勤のお仕事です。そのため、フルタイムで他に仕事を持っている薬剤師にとってもトライしやすく、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働く多くの薬剤師たちが、やりがいや地域コミュニティへの貢献を求めて応募しています。すでにステップアップキャリアアップができるお仕事についている人でも、それを失うことなくアルバイトとして働けるということは、多くの人がトライしやすいお仕事という点で、これからも人気が高い仕事となることでしょう。将来性が明るい学校薬剤師のお仕事は、これからもやりがいを求めて希望者が殺到する大人気の仕事となることが予想されています。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.