学校薬剤師の転職と面接対策

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の転職と面接対策

学校薬剤師の転職と面接対策

学校薬剤師のお仕事は人気があるため、求人募集がかかると多くの人が応募します。多くの自治体では、薬剤師の資格を持っている人なら誰でも応募できるというわけではなく、まずは自治体の薬剤師会の正会員になることが条件と前提条件が設定されていることがあるので、いつか学校薬剤師へ転職したいと考えている人は、そうした前提条件を満たしておき、求人募集が出たらすぐに応募できる準備をしておきたいものです。

学校薬剤師のお仕事は、採用試験などが行われるわけではなく、採用されるかどうかは面接のみで決まることになります。たくさんの人が面接を受け、その中から最も適任だと面接官が判断した人が採用となるため、面接対策をしっかりとすることが採用に近づくための秘訣と言えるでしょう。具体的にどんな面接対策をすれば良いかという点ですが、学校薬剤師のお仕事は地域のコミュニティと大きく関わりのあるお仕事です。勤務日が少ないので職務を遂行する時には初対面の人とコミュニケーションを取りながら働くことになるため、コミュニケーション力や話術に関しては普段からスキルアップできるように心がけておきたいものです。

面接官がチェックするポイントとしては、対人スキル、コミュニケーションスキル、話を分かりやすく相手に伝えることができるかどうか、などがあるので、普段の話し方を客観的に見直して、改善できる部分は改善するようにしましょう。例えば、話がくどくなりやすい人なら、簡潔に話をまとめる練習をすれば良いですし、話をする時には相手の話を最後までしっかりと聞いたうえで、丁寧に対応することが必要です。

学校薬剤師の面接対策の一つとして、面接の際に必ず使う履歴書を工夫する方法があります。履歴書のフォーマットは規定のものを使うのがベターなので、あまりオリジナリティあふれるものよりは、市販されているようなフォーマットを使い、必要事項を記入していきます。その中には、趣味とか特技など仕事とは直接関係なさそうな項目がありますが、この部分こそが面接対策で自分らしさをアピールできる絶好のチャンスとなります。ありきたりな趣味や特技よりは、面接の際に面接官の興味を引いて質問したくなるようなものを記入したほうがポイントアップになるでしょう。また、ありきたりな趣味や特技でも、一歩踏み込んでより具体的に記入することで、面接官が具体的にイメージしやすくなり、面接における面接官との距離を縮めることにつながります。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.