学校薬剤師の転職と志望動機

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の転職と志望動機

学校薬剤師の転職と志望動機

学校薬剤師への転職を希望する人は、どんな志望動機が多いのでしょうか?このお仕事は、非常勤で勤務日は多くても月に1回程度、少なければ年に3回〜4回程度とアルバイトとして働く人が圧倒的に多く、学校薬剤師のみをしている人はほとんどいません。そのため、学校薬剤師になりたいと希望する人の多くは、地域のコミュニティや学校とかかわりを持って、少しでも薬剤師の資格を生かして貢献したいという志望動機を持っています。

自分が子供の時にお世話になった学校もあれば、現在自分の子供がお世話になっている学校などもあるでしょう。一つの学校に一人の学校薬剤師がつくわけではなく、自治体全体が薬剤師会に仕事を依頼して、そこから学校薬剤師が非常勤という形で1年間職務を遂行することになるため、1人の学校薬剤師が複数の学校を受け持つことになります。地域の複数の学校とかかわりを持つことによって、生徒や教師と人間関係を築くことができたり、薬剤師という資格を生かして地域社会に貢献することもできます。そうした気持ちや意欲が、学校薬剤師へ転職したいと希望する人の多くに共通している志望動機となっています。

この志望動機は、心の中で考えているだけでも面接官に伝えることはできません。面接の際には、できるだけ面接官に好印象を与えるだけでなく、たくさんの求職者の中から自分が採用されるために強い印象を残したいものです。そこで、面接の際にはこの志望動機に絡めた具体的なエピソードを披露するなどの工夫をすると良いでしょう。エピソードは、自分がこれまでに経験したことの中で、学校薬剤師として働きたいと考えるようになったキッカケとか、学校時代の素晴らしい思い出が現在の自分を作ってくれたから恩返しがしたい、みたいなものでも構いません。具体的なエピソードや体験談を、限られた面接時間の中でまとめて伝えることができれば、採用に近づきやすくなるのではないでしょうか。ただし、話がダラダラと長くなってしまうのでは逆効果なので、1分程度にまとめて話せるように、事前に準備しておくことが大切ですね。

学校薬剤師として働きたいという人の中には、「コスパが良いアルバイトなので」という志望動機を持っている人がいるかもしれません。勿論正直な気持ちはそれでも問題ないのですが、面接の際に正直に心の中を披露してしまうと、面接官に好印象を与えることができず、採用されにくくなってしまうので気を付けましょう。。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.