学校薬剤師の転職と資格

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の転職と資格

学校薬剤師の転職と資格

学校薬剤師は人気のあるお仕事なので、求人募集が出されると多くの薬剤師たちが殺到しますが、仕事の内容自体は難しいスキルや経験がなければ従事出来ないようなものではありません。このお仕事は薬剤師の仕事の一つなので、学校薬剤師として転職したい場合には薬剤師の資格を持っていることが必要不可欠です。薬剤師の資格を持っている人なら、経験やスキル、職場等はあまりこだわらなくても、応募できる条件を満たしていれば面接を受けることができます。

薬剤師のメインのお仕事は、調剤業務や服薬指導となりますが、学校薬剤師の仕事はそうした職務は行いません。その代わりに、自治体が管轄している学校を回って水質検査をしたり、生徒たちが一日の大半を過ごす教室そのほかの施設において環境検査や衛生面の検査及び指導などを行うことが主な仕事となります。また、生徒に対して薬物やアルコール、喫煙に関する啓蒙指導を行うことも学校薬剤師に与えられた仕事の一環となるため、コミュニケーションスキルや話術などは、一般薬剤師として働く場合よりも高いレベルが求められると言えるでしょう。コミュニケーションスキルや話術に関しては、特別に持っていなければいけない資格などはありませんので、普段の生活の中で話し方や話のまとめ方、コミュニケーションスキルを磨く努力をすると良いでしょう。

学校薬剤師の職務の一つとなる啓蒙指導においては、ドラッグや飲酒、喫煙についての危険性などを生徒に分かりやすく説明することになります。そのため、こうした事柄についてより専門的な知識を持っていることは学校薬剤師へ転職する際には有利になりますし、特別に持っていなければいけない資格などはありませんが、関連する研修などを受けていることで、面接で有利になることはあるかもしれませんね。

また、生徒の教室や学校施設、水質検査など衛生面についての検査業務を行うことが学校薬剤師の職務の一つとなるため、衛生管理に関する研修やセミナーなどを受けていることも、学校薬剤師になりたい際には有利になるかもしれません。基本的に薬剤師の資格を持っていればその他に持っていなければいけない資格などはありませんが、即戦力として働けることを証明できる研修やセミナーなどを受けていることによって、面接の際には他の大勢の求職者の中から自分が採用される可能性をアップすることにつながります。普段の仕事の中では、こうした研修やセミナーを見つけたら積極的に参加したいものです。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.