学校薬剤師の求人倍率

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の求人倍率

学校薬剤師の求人倍率

学校薬剤師の求人倍率は、その自治体によって大きく異なります。市町村及び都道府県全体が薬剤師不足に陥っているエリアなら、学校薬剤師の求人倍率はそれほど高くはありませんし、年収の面でも優遇してもらえることが多いでしょう。しかし、薬剤師が充実しているエリアでは、地域に貢献できる学校薬剤師のお仕事は大きなやりがいを感じられる仕事ということで人気が高く、求人募集が出ると大勢が殺到してかなりの高倍率となってしまうことが多いのです。

学校薬剤師のお仕事は、薬剤師の資格を持っていれば誰でもなれる可能性があります。特別に難しいスキルや経験が求められるお仕事ではないので、薬剤師としての経験がそれほど多くはない人でも、学校薬剤師の基本的な仕事内容をマスターすれば勤めることは可能です。そのため、正社員として別の仕事をしながら学校薬剤師をアルバイトにしたいと希望する人がとても多く、そうしたことがさらに学校薬剤師の求人倍率を高くする要因になっているのかもしれません。

学校薬剤師のお仕事は、前任者が後任者を推薦するという形で決まることも多く、一般公募されないことも珍しくありません。ただでさえ人気が高くて募集がかかると大勢が殺到するほどの人気があるお仕事なのに、推薦という形で決まることが多いとなれば、学校薬剤師へ転職したいと希望していてもなかなかチャンスが回ってこない可能性は十分にあります。そんな時には、自治体を選ぶことによって採用されるチャンスをアップすることができます。同じ都道府県でも、自治体によっては薬剤師が充実しているエリアもあれば不足気味のエリアもあるので、薬剤師が不足しているエリアを狙ったほうが、学校薬剤師へ転職できる可能性は高くなるでしょう。

薬剤師が不足しているエリアで学校薬剤師として働くことには、ほかにもメリットがあります。すべての自治体において、大学以外の教育機関では学校薬剤師を配置しなければいけないという法律があるため、学校薬剤師として働く薬剤師がいなければその学校を開校にできません。ニーズが非常に高い学校薬剤師のお仕事だからこそ、高額報酬を支払ってでも確保したいという自治体が多いのです。薬剤師が不足しているエリアでは学校薬剤師の年収は高めに設定されていて、地域によっては年間30万円の収入を得られることもあるのです。多くても月に1回、少なければ年に3回〜4回程度の勤務で年間30万円の報酬ということは、かなりの高収入のお仕事と言えるでしょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.