学校薬剤師の転職と自己PR

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の転職と自己PR

学校薬剤師の転職と自己PR

学校薬剤師のお仕事は人気が高いお仕事なので、たくさんの人が学校薬剤師として働きたいと希望しています。しかも、法律によって学校に学校薬剤師を配置することが義務付けられていますが、一つの学校に対して一人の学校薬剤師というわけではなく、市町村などの自治体が管轄内の学校をまとめて薬剤師会に依頼するというシステムになっている所が多くなっています。そのため、一つの自治体に対して学校薬剤師として働けるのは一人だけと考えると良いかもしれませんね。

自治体によっては学校薬剤師というお仕事をハローワークや自治体自身、薬剤師会が募集しているかもしれません。しかし大半の場合には、自治体が管轄している薬剤師会の正会員を対象に、薬剤師会の中で選任するという方法が多いため、学校薬剤師への転職を希望してもなかなか外部には求人募集の情報が出てきません。そのため、学校薬剤師として働きたい人は、まず薬剤師会の正会員になることからスタートし、その中で学校薬剤師を目指すことになります。

このお仕事は1年契約なので、毎年違う人材が学校薬剤師として選任されます。その際には、薬剤師会の中で募集が行われて面接などによる選考となるので、その中から自分が採用されるための自己PRは事前にシッカリと準備しておきたいものです。履歴書や職務経歴書などももちろん選考の際には参考にしてもらう事ができますが、面接を受けるということは誰にでもチャンスがあるということなので、面接対策として自己PRの準備をしておくことで、より採用に近づきやすくなります。

具体的にどんな自己PRをするのが良いかと言えば、やはり学校薬剤師のお仕事は地域のコミュニティと大きなかかわりがあるお仕事なので、地域のコミュニティにどんな風に貢献していきたいのかを、自分の性格や体験談を交えて話をまとめておくと良いでしょう。社交的な人なら、「仕事を通して地域の人達と人間関係を築いていけることを楽しみにしています」というものでも良いでしょうし、マメな性格なら「子供たちが安全に過ごせる環境づくりにいろいろな方向から貢献できることがとても楽しみで、今からワクワクしています」というものでもOKです。また、子供の頃に先生の手伝いをして環境管理に携わったことがある人等は、そうしたエピソードを含めて自己PRに結び付けることができれば、面接官に良い印象を与えることができますし、採用にも近づくのではないでしょうか。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.