学校薬剤師の副業

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の副業

学校薬剤師の副業

学校薬剤師のお仕事は、常勤のお仕事となることは非常にまれで、ほとんどの場合には非常勤という雇用形態となります。そのため、すでに薬剤師として他の仕事を持っている人が、アルバイトとして学校薬剤師にトライするというケースが圧倒的に多くなります。学校薬剤師の勤務スケジュールは自治体ごとに異なるものの、多くても月に1回程度、少なければ年間に3回〜4回程度と非常に少ないという特徴があります。そのため、学校薬剤師として働いている人の多くは他にも仕事やアルバイトを掛け持ちしていて、学校薬剤師が副業というケースは珍しくありません。学校薬剤師になるためには現在の仕事を辞めなければいけないのかと悩む必要はないのです。

ただし、学校薬剤師を副業にして働く場合には、いくつか注意点があります。このお仕事は、年間に勤務日が数回程度しかないお仕事ですが、勤務スケジュールはきちんと守って業務を遂行しなければいけません。ほかに仕事をしていて、そちらの方が本職となると、どうしてもアルバイトとなる学校薬剤師の方は優先順位が低くなってしまうかもしれません。しかし、決められた勤務スケジュールを遵守することは、学校薬剤師として働く場合には大前提となるので、学校薬剤師の勤務日には本職でスケジュール調整ができるかどうかという点は、最初に確認しておきたいものです。

もう一つ注意点があります。学校薬剤師のお仕事は、副業として行っても問題にならない場合がほとんどです。しかし、もともとアルバイトが禁止されている公務員として働いている人の場合には、いくら勤務日が年間に数日しかなくても、学校薬剤師として働くことはできないので注意しましょう。国立病院など公立の病院で働いている正社員の場合、公務員という立場となります。その場合、公務員のアルバイトや副業は法律によって禁止されているので、学校薬剤師として働いてみたくても難しいでしょう。職場にバレなければ良いと思って働いてしまうと、バレた時には懲戒解雇の対象となりますし、周囲にも家族にも大きな迷惑をかけることになります。そのため、副業が認められているかどうかは、現在の職場に確認した上で学校薬剤師へ応募するようにしましょう。

もしも現在は専業主婦の人が学校薬剤師として働き始め、別のアルバイトや副業も兼業するという際には、全く問題がない場合がほとんどです。ただし、正社員として学校薬剤師で働く場合には、公務員のアルバイト禁止ルールに引っ掛かる可能性があるので、その点は確認してくださいね。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.