学校薬剤師の研修

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の研修

学校薬剤師の研修

学校薬剤師の仕事内容は、大学を除く学校において、水質管理や衛生管理などを行うのがメインの仕事となります。薬剤師の資格を持っている一般薬剤師にとって、メインの職務は調剤業務や服薬指導となることが多いのですが、学校薬剤師では調剤業務も服薬指導も行うことはありません。そうすると、これまで薬剤師として培ってきた経験やスキルを学校薬剤師として生かすことができないのではないか、と転職に際して不安を抱えてしまう人は多いのではないでしょうか。

できれば学校薬剤師としての基本的な知識やスキルを身に着けてから転職したいという人にとっては、研修やセミナーなどを利用する方法がおすすめです。自治体の薬剤師会から選任されることが一般的な学校薬剤師のお仕事は、業務を始める前に新人研修などを行っている所は非常に少なく、多くの場合には前任者から仕事の引継ぎとして業務内容を説明してもらう形で仕事を覚えなければいけません。薬剤師の資格があれば基本的に誰でも従事することができるお仕事ですが、経験がない分野で指導してくれる人もいずに働くということは、大きな不安要素にもなるでしょう。そうした場合には、各自治体および薬剤師会などが開催している研修会やセミナーを受けることによって、大きな安心感を得ることができます。

学校薬剤師向けの研修やセミナーは、必ずしも学校薬剤師が選任されて業務を開始するタイミングで開催されているわけではありません。全国各地あらゆる場所で学校薬剤師を対象とした研修会が開催されているので、ニーズやタイミングに合わせて参加することとなります。研修やセミナーの内容は多種多様ですが、学校薬剤師の基本的な職務についてカバーしたり、学校環境衛生の現実と理想について研修が行われたり、また生徒向けの啓蒙指導についての指導や対応についての研修が行われたりします。

もしも学校薬剤師へ転職を希望している人は、採用される前から学校薬剤師の研修を受けてみるという方法もアリでしょう。すでに学校薬剤師でなければ参加できないという研修は少ないので、誰でも希望すれば参加することができます。こうした研修やセミナーで学ぶ内容は、学校薬剤師として転職するなら職務に直接的に関係する内容が多いので職務に役立つ内容となりますが、学校薬剤師として転職しなくても、普段の生活や学校施設における環境を薬剤のスペシャリストという立場で見ることができるので、情報収集や知識の幅を広げることにつながります。そのため、学校薬剤師として働いているわけではないけれど興味があるから受講しているという薬剤師はとても多いのです。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.