学校薬剤師の転職の悩み

学校薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 学校薬剤師の転職の悩み

学校薬剤師の転職の悩み

学校薬剤師のお仕事は人気が高いお仕事ですが、毎日勤務が必要なフルタイムのお仕事ではなく、勤務日は多くても毎月1回程度、少なければ年間に3日〜4日程度の勤務日で働く非常勤のお仕事です。そのため、学校薬剤師として働く人の大半は、普段は別の仕事を持っていて、学校薬剤師の職務が入る時だけアルバイトという形で仕事をするというスタンスをとっています。普段は専業主婦の薬剤師が年に数回アルバイトをするという場合には、時間やスケジュールの都合がつかないというトラブルが起こる心配は少ないのですが、普段フルタイムで働いている人が年に数回の業務のために時間やスケジュールに都合をつけなければいけない際には、時としてトラブルが起こってしまう可能性があります。例えば、かなり多忙を極める時期でも学校薬剤師に選任されている人は決められた日に出勤しなければいけません。そうすると、フルタイムで働いているお仕事の方に穴をあけてしまうことになりますし、周囲にも迷惑をかけてしまうかもしれません。そうした時間やスケジュール調整に関しては、多くの学校薬剤師が悩みとして抱えているのです。

学校薬剤師にこれから転職したいと考えている人の中にも、共通する悩みがあります。それは、学校薬剤師のお仕事は非常勤なので、ほかに仕事を持っていても学校薬剤師として転職することに対して問題が発生することはありません。しかし、薬剤師の中には国立病院など公務員として業務をしている人も多く、その場合には学校薬剤師になりたくてもなることができません。これは、公務員はアルバイトが禁止されているという法律に基づくもので、同じ病院勤務をしている薬剤師でも、国立病院の場合には公務員という扱いになるのでアルバイトは禁止、しかし私立病院の場合にはアルバイトはOKという扱いとなります。現在どんな職場で働いているかによって、学校薬剤師になりたくても応募できない人はたくさんいるのです。

もしも現在公務員として働いている人が学校薬剤師になりたい場合、まずフルタイムで働いているお仕事そのものを転職して、公務員という立場から脱却しなければいけません。学校薬剤師のお仕事は非常勤で、収入にすると月に1万円にも満たない程度なので、まず学校薬剤師として採用された後にフルタイムの仕事を転職するというのではNGでしょう。まずはフルタイムのお仕事を転職して、生活の基盤を確保した上で、学校薬剤師に応募するようにしましょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.