40代の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 40代

40代の学校薬剤師求人

40代で学校薬剤師として働いている人はたくさんいます。40代になると、これまで薬剤師として多種多様な経験をしてきている人が多く、幅広いスキルや専門的な知識を持っている人が大半となります。勿論、ずっと調剤業務や服薬指導に専念してきたという人もいますが、薬学のスペシャリストという立場になり、その点では絶大な信頼を手に入れることができる年代と言えるのではないでしょうか。

40代で学校薬剤師を希望する場合、まずは薬剤師会の正会員になることからスタートすると良いでしょう。自治体ごとに、学校薬剤師として働く人の人数は異なりますし、雇用形態なども非常勤か常勤かによって異なります。多くの場合、自治体の教育委員会が薬剤師会に学校薬剤師の選任及び業務依頼を行い、薬剤師会が正会員の中から適任者を選出するという形で求人採用が行われることになります。そのため、薬剤師会の正会員でいることは、学校薬剤師として働きたい人にとっては最初にカバーしておきたい大前提の条件となります。

40代で学校薬剤師への転職を希望する人はたくさんいます。未経験者でも学校薬剤師として働くことはできますが、雇用する側としては未経験者よりもやはり経験者を優遇する傾向にあるため、できれば薬剤師が不足していて未経験者でも採用されやすい地域において経験を積んでおいた方が良いでしょう。大学以外の学校すべてに学校薬剤師を配置しなければいけないということは法律によって定められていることなので、薬剤師が不足している地域でも学校を開校するためには学校薬剤師が必要不可欠となります。そのため、薬剤師が不足しているエリアの中には、学校薬剤師を高待遇で迎え入れる体制になっていたり、未経験者でも薬剤師の資格を持っている人なら職務を遂行できるサポートをするなど、これまで学校薬剤師として働いた経験がない人でも採用されやすい環境が整えられています。

40代で学校薬剤師として働く場合、あまり激務ではないエリアを上手く選ぶことが必要です。その自治体ごとに何人の学校薬剤師がどのぐらいの学校をカバーするかが異なりますが、予算がギリギリの自治体だと、少ない予算で学校薬剤師を配置しなければいけないため、1人当たり担当する学校数が多くなることは珍しくありません。そうすると、限られた勤務スケジュールの中でより多くの学校を巡回して環境管理業務をしなければならなくなり、勤務時間内に仕事が終わらなかったり、座る暇もないほど多忙を極めることもあるのです。体力に合わせて、働きやすい環境の学校薬剤師求人を見つけたいですね。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.