50代の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 50代

50代の学校薬剤師求人

学校薬剤師のお仕事は、50代薬剤師にとっては高い人気があります。薬剤師として長く勤めていると、調剤業務や服薬業務以外にもたくさん幅広い職務を経験した人が多く、学校薬剤師として働いた経験がなくても、すぐに即戦力として働ける経験値を持っている人が大半となります。また、50代になると、地域コミュニティに少しでも貢献したいと考える人が多くなり、非常勤でも学校薬剤師として働きたいという人が多く求人募集に応募するのです。

50代で学校薬剤師として働く際には、できるだけ事前にリサーチをしておくことが必要です。このお仕事は自治体ごとに激務度が異なります。自治体内にある大学以外の全ての学校を学校薬剤師が巡回して環境検査を行うことになりますが、学校の数が多ければ当然一人だけで巡回して業務を遂行するのは大変です。この年代は若い年代と比べるとどうしても体力的にハードなお仕事はきつくなるので、求人募集を探す際にはあまりハードすぎないお仕事を選びたいものです。

どんな求人が激務になりそうなのかは、面接の時に質問しても良いですが、自治体で雇用している学校薬剤師の数と学校数を見るとだいたい予測できます。自治体の教育委員会および薬剤師会のホームページを見れば、学校薬剤師として何人が従事しているのかが分かりますし、自治体の中に幼稚園から高校までいくつの学校があるのかもカウントすることは可能です。学校薬剤師一人当たりの担当学校数が多くなればなるほど、そのお仕事はスケジュールがタイトで激務になることが予想できますね。

学校薬剤師のお仕事は、中には常勤として働けるものがありますが、全国どこでも大半は非常勤として雇用されることが一般的です。勤務日は多くても月1回程度、少なければ年間に3回〜4回程度とかなり少ないため、現在の仕事を辞めて学校薬剤師へ転職するということは難しいかもしれません。50代になると、すぐ将来に迫ってくる定年退職や老後のことも考えて転職しなければいけませんし、もしも現在の職場で定年退職金の支給などが福利厚生の一つとして提供されているならば、非常勤のお仕事で年間に5万円〜13万円程度稼ぐために現在の正社員の仕事を退職してしまうのは現実的ではありません。現在の仕事はそのまま続けながら、学校薬剤師はアルバイトとして掛け持ちにするという働き方が一般的ですし、50代ならそうした働き方で臨時収入を得る事は大きなメリットになるのではないでしょうか。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.