子育て支援ありの学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 子育て支援あり

子育て支援ありの学校薬剤師求人

薬剤師が働く職場の中には、子育て支援制度が充実した職場がたくさんあります。例えば、病院内の薬局ではたらく場合だと、院内に保育施設が完備されていて、薬剤師のように正社員で働くスタッフが24時間体制で利用できたり、子供が小さなうちには短時間労働が認められているなど、職場ごとにどのような子育て支援制度があるかは異なるものの、仕事と育児を両立させたいママさん薬剤師にとっては働きやすい環境が提供されていることがあります。

学校薬剤師として働く場合、雇用主は市町村などの自治体となるため、自治体が従業員向けにこうした制度を完備していれば、学校薬剤師も利用することができます。しかし、ここで注意したい点があります。それは、子育て支援のような福利厚生制度を利用できるのは、正社員として働く人だけということです。全国各地すべてにニーズがある学校薬剤師は、ほとんどは非常勤という雇用形態で働いていて、常勤として働く人はマレです。非常勤として働く場合には、たとえその自治体で優秀な子育て支援制度が充実していたとしても、残念ながら利用することはできません。

もしも子育て支援を利用して学校薬剤師として働きたい場合には、求人数がかなり少ないというデメリットはありますが、常勤ではたらける求人募集を探す方法がおすすめです。まず、自治体の教育委員会もしくは薬剤師会のホームページをチェックして、そこから選出されている学校薬剤師が常勤なのか非常勤なのかを調べることから始めると良いでしょう。常勤の場合、雇用主はその自治体ということになるので、地方公務員として働いた場合の子育て支援制度を含めた福利厚生についてチェックしましょう。多くの自治体では公務員を対象にした子育て支援制度をサポートしていますが、その内容は自治体ごとに異なります。

非常勤として学校薬剤師の仕事をする場合、正社員として働いている本業の雇用主から提供されている子育て支援制度を利用するという方法も検討してみてはいかがでしょうか。学校薬剤師のお仕事は多くても月に1回、少なければ年間に3回〜4回の勤務が一般的なので、そのアルバイトに子育て支援制度を求めるよりは、普段正社員として働いている職場に子育て支援が充実している所を選んだほうが、大きなメリットが期待できます。ちなみに、本業として働いている職場を転職しても、学校薬剤師のお仕事は非常勤なら続けることはもちろん可能です。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.