高給与の学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 高給与

高給与の学校薬剤師求人

学校薬剤師のお仕事でえられる収入は、その地域や自治体によって大きく異なります。一般的に、学校が学校薬剤師を直接雇用するというわけではなく、市町村の教育機関を管轄している教育委員会が、自治体の薬剤師会に学校薬剤師の選任や職務を依頼し、薬剤師会が選出した人がその年1年間は学校薬剤師としての職務をこなすことになります。薬剤師会はたいていの自治体にあり、公式ホームページで学校薬剤師の報酬についても明記されていることが多いので、転職を考えている自治体で働く学校薬剤師がいくらぐらいのお給料を稼いでいるのかを知りたい場合には、薬剤師会及び教育委員会のホームページをチェックすると情報収集ができます。

どんな自治体が学校薬剤師を高収入で雇用しているかと言えば、学校がひしめき合っている都市部というよりは、薬剤師が深刻に不足しているような地域の方が高給与を提供していることが多いでしょう。学校に学校薬剤師を配置しなければいけないというルールは法律によって定められているものなので、どんなに薬剤師が不足している地域でも、その法律を破ることはできません。そのため、高給与を支払うことによって薬剤師の確保に尽力しているというわけです。

どの地域だと薬剤師が不足しているかを知る方法はあります。薬剤師会のホームページなどで「薬剤師大募集」的な書き込みがされている所は、薬剤師が不足していることが予想されますし、学校薬剤師ももしかしたら高給与で働けるかもしれません。自宅から通える距離やエリアなら、検討してみる価値はあるかもしれませんね。

たくさんの学校がひしめき合っている都市部や首都圏などでは、薬剤師の数が充実しているため、学校薬剤師の報酬という点ではイマイチな設定になっている所が多いでしょう。ただし、学校薬剤師として転職したい人の多くは、年収ではなくやりがいや充実感、地域への貢献という志望動機で働きたいと考えているため、年収が少なくても人気は高く、求人募集が出るたびに大勢が殺到する人気の仕事となっています。

学校薬剤師として高給与を稼ぎたい人なら、非常勤ではなく常勤として働けるお仕事を探すという方法もおすすめです。全国的にこの仕事は非常勤として雇用されることが圧倒的に多いため、常勤で求人募集が出される仕事を見つけることは決して簡単ではありません。しかし常勤ではたらけば、公務員として資格手当や通勤手当などの各種手当を基本給に上乗せしてもらう事ができるので、満足できる年収を稼げるかもしれません。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.