残業が少ない学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 残業が少ない

残業が少ない学校薬剤師求人

学校薬剤師のお仕事は、非常勤として雇用される場合が大半で、勤務日も多くて月に1回程度、少なければ年に3回〜4回程度となっている地域が多くなっています。この限られた勤務スケジュールの中で、こなさなければいけない職務を全て行うことになるわけですが、場合によっては勤務時間中に終わらないということがあるかもしれません。その場合、毎日その職場で働いている人なら「今日は終わらなかったから明日仕上げよう」とできるかもしれませんが、学校薬剤師の場合にはなかなかそういったフレキシブルな対応ができず、その日の仕事は残業をしてでもその日のうちに終わらせるというスタンスが一般的です。

その理由はいくつかありますが、学校薬剤師の多くは非常勤なので、勤務日には本職の仕事をスケジュール調整しながらやりくりしていることが多いものです。学校薬剤師の業務が終わらなかったからと言って次の日に伸ばしてしまうと、本職の仕事に影響してしまうため、できるだけ勤務スケジュール通りに終わらせたいもの。そこで、残業して終わらせた方が、自分のスケジュール的に楽ということになります。

また、学校薬剤師のお仕事は、働いた勤務時間に対して時給が払われるシステムになっている所は少なく、多くの場合には1回の検査でいくらという契約になっています。そのため、その日に終わらずに翌日にも作業することになっても、労働時間や通勤にかかる時間が多くかかるだけで、報酬自体は変わりません。そのため、残業して終わりそうな仕事なら、残業で終わらせた方が良いと判断する人が多いのです。

学校薬剤師として働くことで、どのぐらいの残業が見込めるのかは、面接の際に質問しても問題ありません。しかし、もしも薬剤師会の正会員というステータスを持っていて学校薬剤師として働いてみたいなと考えている人なら、現職の人に連絡を取って、職務に関するメリットやデメリットなどについて情報収集するのも良いでしょう。また、1人の学校薬剤師が担当する学校の数が多ければ、必然的に残業になる可能性は高くなると言えますし、担当する学校の数が少なければ、効率的に仕事をこなせば残業の可能性を低く抑えられる可能性は高いでしょう。

また、求人募集によっては、残業時間の取り扱いについて明記されていることがあり、それを参考にして残業の有無を予測することができます。例えば、残業時間について一切触れられていない場合には、残業無しで帰宅できるお仕事なのか、それとも残業しても残業手当の支給がないお仕事なのだと予想できますし、残業代の支給が明記されている所だと、残業する可能性は高いと予想できますね。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.