激務でない学校薬剤師求人

学校薬剤師求人TOP >> 条件別の学校薬剤師求人 >> 激務でない

激務でない学校薬剤師求人

学校薬剤師のお仕事が激務になるかどうかは、その自治体にどのぐらいの学校があり、何人の薬剤師が学校薬剤師として働いているかによって大きく異なります。学校薬剤師が配置されているのは、大学を除くすべての教育機関になるため、幼稚園、小学校、中学校、高校まで全て学校薬剤師が配置しています。しかしそれぞれの学校ごとに専任の学校薬剤師がいるわけではなく、市町村の教育委員会が薬剤師会に学校薬剤師業務を依頼し、薬剤師会が適任者を選任するという形で採用が行われます。自治体ごとにどのぐらいの数の学校があるかは異なりますし、1人当たり担当しなければいけない学校の数もケースバイケースです。1人当たりの学校数が増えれば業務は当然激務になりますし、学校数が少なければ、マイペースで仕事をしやすい環境と言えるでしょう。

学校薬剤師のお仕事が激務になりそうかどうかを予測する方法としては、まず転職したいなと考えている市町村の中に、大学以外の学校がいくつあるかをカウントしてみてください。幼稚園も教育機関となるので、カウントしなければいけません。そして次に、自治体の教育委員会もしくは薬剤師会の公式ホームページをチェックして、学校薬剤師が何人ぐらい選任されているかという点を確認し、学校薬剤師1人当たりいくつの学校を担当することになるかを割り算で導き出しましょう。ただし、一つの自治体だけを計算しても、果たして学校薬剤師一人当たりの担当学校数が多いのか少ないのかを知ることはできません。周辺の自治体についても同じように計算し、比較していくうちに、激務になりそうな地域とそうでない地域とが見えてくるようになります。

一般的に激務になりやすいのは、教育委員会の管轄エリアにたくさんの学校がひしめき合っている都市部と言われています。場合によっては複数の学校薬剤師が採用されて担当が決められることもありますが、たくさんの学校を一人で担当しなければいけない地域もあります。勤務日が決まっている中で多くの学校を担当することは、激務になりそうだと予測できますね。

忙しくなることが最初から分かっている地域では、学校薬剤師の求人募集では「未経験者不可」「経験者優遇」になっていることが多く、そうした求人募集の出し方から多忙かどうかを予測するという方法もあります。こうした忙しさに関しては、面接の時に質問しても良いですが、具体的に何をもって激務と定義するのかはっきりさせなければ、面接官にとっても答えづらくなってしまうので注意しましょう。

学校の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>ランキング2位をチェックしてみる



Copyright (C) 2017-2018 学校薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.